重要な依頼業者の選択

集合住宅の共同アンテナに関する工事の場合、居住者個々の意向や希望をダイレクトに反映する事は難しく、管理組合で組合員すなわち居住者全体の意向として、決定した内容を管理会社に遂行してもらう流れとなります。特に大掛かりなアンテナ工事となる場合、当然専有部である各戸内での作業を伴い、建物全体としても日々の日常生活に何らかの制限が生じて当然です。

組合員である居住者とししては、何より費用面を少しでも抑えたい、自分達が感知しない部分で少しでも早く作業を完了して欲しいと考えて当然です。ですが集合住宅へのアンテナ設置は、専門知識と現地に於ける確実な状況判断など、やはり相応の経験値と実績を有する業者に一任すべき工事です。費用を抑えるメリットに特化してしまい、1番安価な宛名を取り寄せ、全く別ルートの職人を名乗る人物や業者に取り付け工事を任せる、乱暴な表現を用いれば「やっつけ仕事」的な段取りを採用してしまうと、後々の不具合のリスクが高まります。

中長期的に居住者全戸が安心して快適に活用する上でも、アンテナ工事を依頼する業者を選択する重要性を認識の上、十分に管理会社との意思疎通を図る姿勢が大切です。無意味なやり直し工事を繰り返してしまっては、結果的にデメリットばかりが膨らむばかりであり、本末転倒と言わざるを得ません。

Pocket